読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガイドブックの値段!

よく読み込んで一緒に購入した洋ランを枯らすことなく育てたいです。情報が新しいと思いました。 だから、どんなマニュアルにも載ってない種類の蘭であっても、自生地の環境がわかれば自ずと育て方もわかってきます。

コレです!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

ガイドブック花農家3代目が洋蘭初心者のあなたに捧げる自信作!『森水木のラン屋さん謹製 はじめての洋ラン ガイドブック 宮川将人著』洋ラン農家直伝のやさしい解説書・育て方 小冊子

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

サスティは!お花の邪魔にならない!サイズ(M)です。絵や写真がたくさん使われていて見やすい説明書です。本屋で売られているものを想像してた人が!がっかりしなきゃ良いけど。これは初心者の方も,上級者の方にも『オススメ』だと思います。植え替えの方法も写真で解りやすい!!ザックリと,そしてフワァ〜と植え替えるのですね。少し『きつめ』に植えていたようです.(^o^;)水やりの『コツ』から『植え替え』,『温度』etc…。とっても勉強になります。『ランは温室無し!』,でも良いんだ…と嬉しくなりました♪「気楽にランに挑戦してみよう!!」そう思えます。*初心者の方は「基礎から」…*上級者の方は「復習を」…と言う感じでしょうか!?皆さんにも是非,読んで頂きたいです。そして,是非…『パート2』を期待しています.(笑)いろいろな本があり迷ってしまうこともありましたが、前回蘭を購入して、花そのものがとても良かったこともあり、購入しました。(笑) 『はじめての〜』にある通りに育てていれば!森水木ショップから買った蘭はよく芽を出し成長してくれます。わかるはずです。本としての質は、価格も含めて、フルカラーの同人誌(自費出版誌)って感じです。初心者さんには、ピッタリだと思います。また、一部、開花させるのにコツがいるものもありますが、そのほとんどが花をつけてくれました。サスティーもついてお買い得でした。GUIDE BOOKであることに納得、大変参考になりました。ポイントが丁寧にまとめられていて!非常にためになりました。出来立てなので、お値段は高価かな?と思いましたが、貴重な御品。水やりの適量や育て方がわかりやすく写真入りで書かれていてお勧めです。文章だけだと分かりずらい事や!イメージしにくい事が!イラストや写真になっている点が!良いです。何冊か蘭の栽培方の本を持っていますが!洋ランの生態について触れているのは本書が初めてです。現役蘭農家さんが執筆した!初心者のための蘭栽培の手引書です。よほどのことがない限り枯れたりしません(実際!購入した数十株はみんな元気です)。私の虎の巻です。サスティ付きでお買い得だと思い購入しました。花咲く苗と同時購入するのがオススメですね。蘭をプレゼントする時に一緒に渡してとても喜ばれました。パート2が出来ましたら!是非!サインを!お願い致します。。熱帯性の洋ランがなぜ虫のいない寒い時期に開花するのか疑問でしたが!ようやく答えが解りました。今度は花を咲かせられそうです。書いてあるはずです。 これは宮川氏の洋蘭販売にかける思い、商品ラインナップのコンセプトetc.我々素人を洋蘭栽培に誘なうための啓蒙書なのです。ガイドブックは、小冊子でかさばらず、カラーで読みやすいです。洋ラン栽培というと素人にはハードルが高いイメージがありましたが!この本を読むと「洋ランのたくましさ」がわかり!むしろ手をかけすぎない方が育つということも知りました。内容が初心者にも解りやすく、自生地の写真も豊富に取り入れられていて、とても参考になる著書でした。水やりの間隔は季節により変えていましたが!1度にあげる水の量はいつもおなじ量をあげてしまっていました。初めての人へオススメの種類や育て方も!生産者さんからの視点で!わかりやすく書かれています。わかりやすく写真が多いのが良いですね。 さらに進んで!洋蘭の生態と育て方の関係といった最もキモの部分を丁寧に教えてくれる教科書でもあります。 ここに書いてない特別なことは!育てる苗を買った時に付いてくる『育て方ガイド』に書いてありまし。「洋蘭初心者のあなたに捧げる!」というだけあって、基本からしっかり書かれています。 ボロボロになるまで読み返し、よく理解したいものです。オールカラーの手作り感がいっぱいのガイドブックを拝見致しました。馴染みのあるランの写真もたくさん使ってあって!嬉しいですね♪ 残念だったのは!著者のサインがなかったことくらいです(笑)。(笑) 逆に『育て方ガイド』に書いてないことはこの書を熟読すればわかります。この書『はじめての洋ラン ガイドブック 宮川将人著』は、育て方マニュアルではありません。記念にサインをお願いするのを忘れてしまいました。番長さんの体験やお客様のお宅で咲いた花の写真など身近に感じられ他の本とは違った距離感で読むことができます。 『はじめての〜』とありますが、実は奥の深〜い内容が書かれています。